FC2ブログ
山梨県の保護犬里親探し
ご支援についてのお願い
2015年10月05日 (月) | 編集 |
 皆様お世話になっております。
 まだよちよち歩きのボランティアグループ「しっぽのおうちさがし」ではございますが、ありがたいことにわざわざご支援物資を譲渡会にお持ちいただいたりしている次第です。ありがたやありがたや。

 そこで、ここでご支援物資についてのお願いを僭越ながら書いてみます。

 もう使わなくなった、あまってしまった、そんなものをお持ちいただければ十分なのですが、わざわざ購入してお持ちくださる方もいらして、申し訳なく思っています。
 そんな時に、本当に恐縮なんですが、いただいたものを見て「あー・・・これはできれば違うのが助かったかな」、ということがありまして、せっかく買ってまでお持ちいただくのであれば、こんなのだと大喜びです、というのをお知らせしておくべきかと思いましたので、周知です。

 まず、ご支援いただくフードなのですが・・・
 うちの子が食べなくなった、などであまったフード等は、気にせずそのままいただければ幸いです。
 ただ、もしわざわざ購入いただいてまでお持ちいただくとしましたら、できましたらペットショップ行ったらですね、ドッグフードの原材料見てください。で、「保存料(ソルビン酸K)」「発色材(亜硫酸塩)」「着色料(赤色1号)」といった、化学合成食品添加物は、極力避けていただけると嬉しいです。
 そうすると実は、いきおい値段の高いもの(いわゆる、プレミアムフード。アイムスとかユーカヌバとかセレクトバランスとか)になってしまうと思います。
 保護する子達は大抵栄養状態が悪く、目だった疾患がなくても毛艶パサパサ目やにダラダラだったりします。外見元気そうに見えても、血液検査をすると疾患とまでいかない程度数値が悪いことが多いです。
 そういう子たちが、フードを変えるだけでも劇的にキレイになっていきます。また便も劇的に量が減り、よいうんちになります。
 これらの食品添加物は人間用にも使われています。老廃物のもとになったり発がん性が疑われたりしています。そんなの気にしないという方もいらっしゃると思いますし、ワタクシ自身もそれらの入った食品を平気で買って食べたりしています(←家計優先)。
 でもですね、人間より体重も少なく種類も食べない保護犬達(←基本的にドライフード中心)には、できればあまりあげたくないのです。
 高価なものですから、本当に量はお気持ちだけで大丈夫なので、ご理解をお願いします。
 
 あとですね・・・おやつなんですが、実は、あんまりたくさんはあげません。
 理由は人間の子供と同じです。ごはん食べなくなっちゃうからです。
 因みに、ペットショップで売っているおやつの多くに「保存料(ソルビン酸K)」と「発色材(亜硫酸塩)」は入っています。上記のとおり、あまりあげたくないな、と思ってしまうのもある訳なのです。
 なので、おやつをお持ちいただけるようでしたら、食後のハミガキ用のガムとか、そんなものが少しあれば十分です。

 あと、室内で暮らしているうさぎちゃんのためのペットシーツ、室外で暮らしているベン君やワン太君のための毛布、なども、もし余ったものがあればで結構です。譲渡会場にお持ちいただければ幸いです。
 

 以上、大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可